聖霊によって一つとなっています

筆者:シュトラウッフ・ペーター

ヴッパータール市の小さな同盟福音の教会で育った私は、幼い心の中に「教会の人々はどうやって結ばれているか」という質問をしませんでした。私にとって教会というのはまるで家業のようなことでした。親戚のものではなくても、教会の兄弟姉妹をお爺さんやおばさんと呼んだりすることも多かったのです。家族が教会の建物に住んでいたわけで教会員との交わりを深く味わうこともでき、子供の頃から教会の交わりに対してとてもいい印象を受けました。中高生の頃から非難的な質問がありました。

その頃から、父に福音同盟のイベントに連れていかれました。カナダ人が3人で印象的な説教をしたり、カッコいい奏楽をしたりしてくださった一週間はとても心に残りました。初めて、キャッチーで良く覚えられる聖歌を聞きました。その時、多くの若者がイエスを信じ始めました。その多くは、国教会から来ていました。同じ時に同じ神様への燃える信仰を受けていましたので、彼らは国教会員であったのに、13歳の同盟福音派となった私が彼らを親しく思いました。彼らを親しく思ったより、どうも身近な感じがしましたが、その時の私はその気持ちを神学的に説明することができませんでした。今日から見ると、「イエス人」と言う一致があることが分かります。

それは十字架にかかって死んでくださってよみがえられたイエスを心の中に一番大切に思っている人々が一つとなるという事です。

違っても一つとなっています。

この経験は私の人生に影響を与えました。1974年のローザンヌの「世界伝道会議」であり、1967年の最初のクリスティバルであり、いろいろな教会での説教奉仕であっても:信仰の育ちや信仰の習慣が違っていても私はそこで違和感を感じませんでした。今確信しているのはイエスを信じている私たちを一つとするのは一人一人の中に住んでいられる御霊であることです。それは、教会の伝統や教会の組み立てに関わらないことです。

これらは大切じゃないと言うことではありません。もちろん、単なるイエスキリストに対する信仰以上に、聖書で私たちにとって大切なものがたくさんあります。その中で新しい教会ができるほど大切なこともあります。しかし私たちを充実に一致するものは聖書ではっきりされています:心からイエス信じる人は神の御霊を受けます(ヨハネ7勝38〜39節、使徒の働き2勝38節)。そしてこの御霊は国民的な、社会的な、性別的なことに関わらず人々を一つにします(ガラテア3章26〜28)。区別がまだ残っているが、御霊の一致でその区別が末梢的なこととなります。

それを宗派の境域を超えて理論的なことではなく、体験することができる真実を何回も経験しました。若いカトリック信者とのオーストリアでの会議を思い出します。イベント中でも、小グループの中でも:私たちはお互い見知らぬものではありませんでした。言葉で表現できない聖霊を通してイエスにある深い交わりの経験は私の50年以上の奉仕での一番深い経験の一つとなるのです。

私たちは判決するべきではありません。

誠実であることに対してはその反対も一緒につきます。ある北ドイツで行われたイベントの事を思い出します。牧師さんは優しい人柄で、私たちとはは気があっていましたが、イエスにある真実な一致はありませんでした。同じ言語を話し、神学的な言葉を使っていたのに、内面的には未知のようでした。この内面的な距離は教会の建物や宗派の違いで出てくると言う事ではありません。第一ヨハネで読められるのは、「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのものです。それによって神からの霊を知りなさい。イエスを告白しない霊はどれ一つとして神から出たものではありません。それは反キリストの霊です。あなた方はそれが来ることを聞いていたのですが、今それが世に来ているのです。」人となったイエスへの信仰こそ神の家族の秘密である。幸いに、だれが家族の中にいるかいないかを判決するのは私たちの役目ではありません。

今まで言ったことは「イエス人」の中にある一致には問題がないように聞こえるかもしれませんが、確かにそうでもありません。ある数年の間、私がうちの教団で教会の中で怒る紛争を解決ができるように相談者となる役割をすることがありました。相談されてきた紛争は違うことについてであっても、基本的に同じ問題から起きていました。それは、イエスを崇めるより、一人一人が自分の自尊心を崇めていました。キリストの信者だけではなく、教会全体もそのようにしてしまったこともありました。何回も国教会やカトリク教会の信者を見下すような態度や発言を耳にしました。口調だけでわかってきたのは国教会の兄弟姉妹は信仰深くはいるけれど、本当のクリスチャンではないとのことです。彼らは多分、どうも親類ではいるけれども、神の食卓に近づいてはいけません。そのことについて話していた時に「キリストを信じる」という表現はまるで私たちだけがそれを判断できるよというようにつ使われました。

ところが、国教会からも同じように判断されたことも体験しました。国境会員であった大事な親戚がいましたが、彼らは福音派の教会員であった私の家族をおかしく思いました。彼らから見て、ちゃんとした教会で礼拝していたのは彼らだけでした。また、国教会での説教奉仕を思い出します。一列に座っていた私が教会の係員に呼ばれて、教会の聖具室に導かれました。そこで役員会の人と牧師が集まっていて、牧師に「じゃあ、説教者が正しい服を着てないといけないので…」と言われて、ローブを渡されました。でも、そのローブは首であまりにも狭すぎて、着れませんでした。それで「正しくない」服を着たまま、説教をしないといけなくなりました。ちょっと極端的な例えかもしれませんが、その時の礼拝はあまり楽しめなくて、今までも覚えているので、そういった傷は大したことじゃないと言えません。

霊的に一致を実施して生きます

このグループの人数は5人。20年前から習慣的な集会。3人は国教会員でいて、二人は福音派の教会員。遠慮なく話し合って、祈りあっています。私たち一人一人が同じ教会、同じ宗派のものじゃないのは明らかになっていても、評価的に見られていません。ただのイエスに属する兄弟で集めています。そこで、私たちは繋がっています。(もちろん、心も通っていますが…)時々、この兄弟の交わりは「イエス人」のネットワークの模範にならないだろうと思うようになってしまいます。小さいことから始まる、公式的ではなく、コツコツと大きくなっていく…ある町の「イエス人」の一致感には確かにいい影響を与えると思います。イエスが世の人々がキリスト教の人の一致を見たら、福音がただの言葉ではなくて、本当の効果があることであることがわかるように祈った時に(ヨハネの福音書17章23節)、イエスは教会の中での集会についてお語りになったではありませんでした。どこのコンフェっチョンの人でも、どこの宗派の人でも、イエスの弟子についてお語りになりました。教会と教会が組織的に近づいてくることはそのことに役にたつかもしれませんが、本当に霊的な一致を表すことまではできません。私たちは本当に一つとなることはもう現実となっています。ある人は悔い改めて、全身にイエスを信頼してから(それは信仰を持つという意味に違いません)どこの教会のメンバーにも関わらず、神の家族の一人となっています。でも、神のご家族の一人となった上はちゃんとその家族の一人として生きるべきです。それが実施しているところでは、本当のキリストの中にある一致の性質の印となります。